ファクタリングの種類について

subpage1

金融サービスの一つであるファクタリングには大きく分けると4種類あります。

一括ファクタリングとは、企業の債権である売掛金などを専門会社であるファクター会社が買い取り現金化を行うシステムです。

ファクタリング会社のおすすめ

これによって企業は通常の売掛金回収よりも早く資金調達をすることができます。
また、経費削減ができるというメリットもあり、従来利用されていた手形に代わり、現在導入する企業が増えてきています。債権者だけでなく債務者にとっても経費削減ができるというメリットがあります。保証ファクタリングとは、企業の債権などをファクター会社が保証する保険のようなシステムです。



取引先が倒産するなどで債権が回収不能となった場合には、債権を持つ企業へファクター会社から支払いが行われます。

国際ファクタリングとは、海外債権に対応したシステムです。


各国のファクター会社との連携によって取引先の信用調査を行い、保証を行います。

通常の輸出取引では信用状が利用されますが、これには費用も時間もかかってしまいます。
このサービスを利用することでその手間を省くことが可能になります。

債権が回収不能となった場合はファクター会社が連携して債権を持つ企業へ支払いが行われます。


診療報酬ファクタリングとは、病院や調剤薬局や介護施設などが、国民健康保険や健康保険組合などから受け取る診療報酬をファクター会社が買い取り現金化を行うシステムです。



他の3種類のサービスに比べて回収が容易なため審査も緩いことが特徴です。