ファクタリングを利用するメリットとは

subpage1

中小零細企業であれば、銀行から融資を受ける場合には土地や建物などの担保や保証人が必要です。

銀行融資は審査が厳しく、融資が受けられるまで時間がかかってしまいます。

ビジネスローンであれば銀行よりも融資を受けやすいのですが、金利が高いのと銀行からの評価が下がってしまうというデメリットがあります。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

銀行から融資を受けることが難しい中小零細企業であれば、ファクタリングを利用して運転資金を調達する方法があります。
ファクタリングは取引先の売掛債権を売却して現金化をするので、会社の信用力とは一切関係なく利用できます。

保証人不要で即日で資金を調達することが可能なので、急に資金が必要になった場合に役立ちます。一般的に商工ローンを利用すると会社の信用力が低下してしまいますが、ファクタリングであれば信用に影響しないという利点があります。



負債ではなくて資産売却として扱うことができるので、決算上の赤字が増えることがありません。



2社間ファクタリングを利用すれば、運転資金を必要としていることが銀行や他の取引先に知られずに済みます。


秘密裏に資金を調達することができるので、会社の信用力を維持することが可能です。ファクタリングを利用すれば取引先の売掛債権を売却した時点で即日で資金を受け取ることができるので、売掛金を回収する手間を省くことができるというメリットがあります。
もしも売掛先の支払いが遅れたり破綻したような場合でも、影響を受けずに済みます。