ファクタリングの手数料について

subpage1

ファクタリングの手数料は会社によって異なり、さらに3社で行う場合と2社で行う場合でも手数料がかなり違います。

3社間だと買取売掛金額に対し1%から5%、2社だと10%から30%と高くなります。一見、3社間の方が安く感じますが、これは売掛先と協議して同意を得てから契約をします。

資金繰りが厳しいので売掛金を早期化したいことを協議すると、売掛先は会社が倒産しそうなのかや、これ以上の取引は止めるなど否定的なイメージを感じやすいです。

ファクタリングの比較

そのため手数料が高くても多くの会社は2社間ファクタリングを選んでます。



例外では、診療報酬債権と介護報酬債権を扱う医療報酬ファクタリングだと社保や国保に債権譲渡通知を行う3社間契約が必須です。これは信頼度が落ちてもその後の取引を止められる心配がないためです。
回収リスクも低いため手数料も3%以下なことが多いです。

2者間だと売掛先会社に対し債権譲渡を通知しないため、知られずに進めるには入金先をファクタリング会社の口座に変更出来ないため、予定通りの口座へ振り込ませてから利用会社が送金します。



一旦、顧客側口座に振り込まれることは他の用途に転用されたり、返済しないで持ち逃げする可能性もあります。

利用会社が経営状況が悪いと支払い前に倒産や入金された時に財産の差し押さえに合う可能性もあります。

担保や保証人がいないので、そのリスクのために最大30%の手数料をかけてそれを防いでます。

ためになるファクタリング

subpage2

金融サービスの一つであるファクタリングには大きく分けると4種類あります。一括ファクタリングとは、企業の債権である売掛金などを専門会社であるファクター会社が買い取り現金化を行うシステムです。...

more

ファクタリングの知っておきたい情報!

subpage3

中小零細企業であれば、銀行から融資を受ける場合には土地や建物などの担保や保証人が必要です。銀行融資は審査が厳しく、融資が受けられるまで時間がかかってしまいます。...

more

初心者向きファクタリング

subpage4

英語で「仲介」という意味を持つファクタリングは、資金調達を仲介するサービスのことをいい、一言でいうと売掛債権を現金化の仲介を指します。したがってファクタリングの会社から直接借金をするのではなく、売掛債権を譲渡したうえで予定日より早く現金化できるサービスとなっています。...

more

ファクタリングのわかりやすい情報

subpage5

ファクタリング会社を利用すると手数料がかかりますが、これには諸費用なども含まれていて10万円から15万円ぐらいかかります。内訳は債権譲渡登記に必要な司法書士手数料が8万円から10万円、登記に関した印紙代が2万円程度、その他の交通費や紹介料が3万円程度です。...

more